PROFILE

【プロフィール】


京極朋彦ダンス企画主宰。2007年、京都造形芸術大学、映像・舞台芸術学科、舞台芸術コース卒業制作が学長賞を受賞。
 卒業後、山田せつ子、きたまり、JUNG YOUNG DOO(韓国)、JODI MELNICK(米国)、AYDAN TERKER(トルコ)BILLY COWIE(英国)、伊藤キム、向井雲太郎、小野寺修司、梅田宏明、串田和美 作品等に出演。

自身が振付、出演するソロダンス『カイロー』は2010年初演から4か国11都市で上演された。

 2012年からダンスショーケース「KYOTO DANCE CREATION」を京都アトリエ劇研の共催事業として3年間プロデュース。
2012年、日中国際ダンス会議in北京に招聘され現地ダンサーとワークショップで製作した小作品を発表。

2015年、平成27年度 文化庁新進芸術家海外派遣事業、研修員としてウィーンにて研修。同年ウィーンのダンスフェスティバルfifoo programのレジデンスアーティストとして招聘され、現地ダンサーと共に製作、発表した。

2016年8月、Mexico City First International Contemporary Dance Festival 2016に招聘。

2017年Artist-in-Residence Program-KAC×SDC-に選出されSeoul Dance Centerに招聘。約二ヵ月の滞在で現地ダンサーと共に作品を製作、発表。

また、一般の参加者を対象にしたワークショップシリーズ「身体能力向上委員会」をはじめYOKOHAMA ART PLATFORMのコーディネートによる小、中学校でのダンスワークショップや、京都市、東山青少年活動センター主催の“演劇ビギナーズユニット”で講師を務めるなど、ワークショップ講師としても活動している。